不動産会社に転職する心構え

不動産会社のお仕事は物件探し以外にも、管理やコンサルティング、自ら街の開発を行う等多岐に渡ります。そのため、選んだ不動産会社によって携わる業務内容は大きく変わってきます。不動産売買の仕事をメインとしている不動産会社は、何千万円というお金のやりとりするため不動産に関する知識(時には相続や節税についても)がなければお客様に信頼される仕事は出来ません。賃貸がメインの不動産会社なら、引越しシーズンは大変忙しいうえ、日々接客スキルも磨かなければなりません。厳しい不動産会社のお仕事ですが、転職すればお客様の生活に直結する大切な仕事である分、高収入も期待でき、やりがいも感じられるでしょう。

不動産営業に転職する、という方はこちらをチェック

不動産営業職でキャリアを積もう

不動産営業に転職する魅力は、何と言っても「自分の実力次第で高収入が見込める」という事。不動産営業の給与は「基本給+歩合給」という会社が多く、自分の努力次第で月給100万円を超えるのも夢ではありません。しかし、実力主義の世界について行けずに辞めていく人も多く出入りが激しいのが不動産会社の現実です。転職して厳しい世界の中でキャリアを積むことで、きっと人間としても成長できるでしょう。

履歴書作成のポイント

履歴書を作成する場合、資格は大きなアピールになります。宅地建物取引士や不動産鑑定士、社会保険労務士などは、不動産業を営む上で大変有利な資格です。また、多くの会社で普通自動車運転免許は必須の資格となっています。その理由は、営業やお客様の現地へのご案内などで車を利用する事が多いためです。履歴書ではなぜ転職先に不動産会社を選んだのか、今までの経験や過去の仕事内容などをアピールしたうえで、なるべく具体的に記入しましょう。ただ「以前より興味があった」といった漠然とした志望動機よりも、不動産業界全体の動向を見て感じた事や、経営方針に感銘を受けた点なども併せてまとめると良い印象を与えられます。近年では履歴書作成にPCを使う方も多くなりましたが、不動産会社によっては与える印象が違ってきます。たとえば、地域密着の個人経営の会社などは年配の方が人事を担当している会社が多く、手書きの履歴書の方が丁寧な印象を与えられる場合があります。どちらがいいか迷ったら、念のため丁寧に手書きで履歴書を作成するのが良いでしょう。

面接では自分の魅力をアピールしよう

面接はそれまでの経験や実績、自分の能力の高さをアピールする場です。自分にはどんなスキルがあるか、転職して不動産会社に入って何をしたいのかを相手にしっかり伝えましょう。時には、逆質問をしてやる気をアピールするというのも一つの方法です。「入社までに勉強を積みたいのですが、学んでおくべきことがあれば教えてください。」「希望している部署は○○ですが、一日の仕事について教えてください。」といった逆質問は、面接官に積極性や仕事への熱意をアピールできるでしょう。また、どの会社でも共通して求められる人材が「積極性」「協調性」「責任感」のある人物です。会社という組織の中で、周囲と協力して一つの目標を達成出来る人が必要とされています。面接では「自分は目標に対して粘り強い性格です。」と伝えるだけでなく、具体例として「転職前の前職ではこんなプロジェクトを成功させました。」「学生時代は部活動で県大会優勝を経験しました。」など、具体的に伝えることが重要になります。

不動産会社の仕事における大切なこと

不動産業界では、スピード感がとても重要です。のんびりとしていれば大切なお客様との契約を逃してしまい、結果売り上げが挙げられずに会社へも悪影響を及ぼしてしまう事も。迅速な行動を意識して、お客様と対応する事が大切です。また、営業であれ事務職であれ、社会の流れに敏感でいる事が必要です。不動産は多様な法律が関与してくるうえ、ここ数年でIT化も進んでいます。日々移り変わる不動産業界を取り巻く状況に、敏感に対応していかなければなりません。そのため、常に仕事に興味や熱意を持っている必要があります。不動産の仕事に興味を持ち、常に熱意があれば自然と新しい事も頭に入りやすく、また新しく正しい情報をお客様に提供する事で信頼を得られ、結果良い営業成績に繋げることが出来るでしょう。不動産営業職に大切な事は、一生懸命、誠実にお客様と対応する事です。何千万という物件を売買するには、お客様に信頼されなければなりません。お客様の大切な資産をお取り扱いするということを常に念頭に置いて、誠実に仕事に向き合う姿勢で臨みましょう。